株式会社東洋工務店 オフィシャル・サイト
会社概要 沿革 採用情報 お問い合わせ
HOME > 沿 革
HOME
TERRAJET(HDD工法)(NETIS)
技術提案・施工計画
事業フィールド
活動方針
工事概要
一般土木工事
基礎工事
下水道工事
配管・配線埋設工事
推進工事
特殊工事
沿革
社会の要請によって変化を続けた40余年。それは揺るぎない信頼づくりの歴史でした。

昭和40年代、倉敷市水島コンビナートにおけるプラント建設ラッシュ。当社の創業期は、その社会的要請に応える形で好調なスタートを切りました。プラント建設が落ち着いたその後も、社会は様々なベクトルで新たな開発需要を生み出していきました。私たちは常にその動きに敏感に対応し、自らの姿を変化させ続けてきた企業でもあります。

開発対象の拡大。環境への配慮。安全性への意識の向上。開発は常に新たな概念を、当社に提示してきました。そのたびに私たちは新たな技術・設備の導入に力を尽くし、求められるサービスの提供を実現してきました。

土木に関するあらゆるノウハウを持ち、フレキシブルにニーズに対応する。この東洋工務店の「強さ」は、私たちと社会の歴史が紡いできた、かけがえのない財産でもあるのです。

会社沿革/施工機械・システム導入実績

会社沿革 施工機械・システム導入実績
1950
4月 石工業を創業(代表者:沖 昭男)
 
1967
8月 沖組(個人営業)を創立し、土木工事施工
岡山県知事許可(般-1)第4344号
 
1968
7月 (有)東洋工務店設立(代表者:沖 昭男)
資本金 450万円
 
1984   16tラフタークレーン導入
1986   ダウンザホールハンマ導入
1987   油圧式杭圧入引抜機導入
25tラフタークレーン導入
1988   4t建柱車導入
1989   ミニオーガー50B導入
1990   35tラフタークレーン導入
1991
7月 資本金 1,000万円に増資
8月 (株)東洋工務店に組織変更
モル柱機導入
1992
2月 資本金 1,500万円に増資
3月 岡山県知事許可(特-3)第4344号
土・と・ほ・水
50tクローラークレーン導入
三点式杭打機(DH408)導入
20tラフタークレーン導入
1993
1月 代表者:沖 操に交代
 
1994   三点式杭打機(パイルマン)導入
1995   揺動圧入式立坑構築機
(レボ工法)導入
1998  

非開削誘導式水平ドリルマシン
(テラ・ジェット工法)導入
大型コンプレッサ サルエアー1600導入

1999   小口径推進工法
ドリルモールシステム導入
2000
2月 資本金 2,000万円に増資
3月 岡山県知事許可(特-11)第4344号 更新
12月 ISO9002認証
 
2004
1月 ISO9001認証
ウォーターブリット工法導入
ロータリーテーブル・ドリリングシステム RTP-680A導入
50tクローラークレーン導入
2005
3月 岡山県知事許可(特-16)第4344号 更新
 
2006   小口径推進工法
ロックマンエース導入
2007   非開削誘導制御型カーブ推進(たけのこモール)導入
エルモール工法導入
2008   SMD杭工法(回転貫入鋼管杭)導入
地中埋設管探査器 RD4000導入
2009
7月 ISO9001:2008 アップグレード
 
2010
3月 岡山県知事許可(特-21)第4344号 更新
4月 テラ・ジェット工法 NETIS(国交省新技術提供システム)の準推奨技術に選定
9月 岡山県知事許可(般-22)第4344号 建  追加
 
2011
11月 岡山県知事許可(特-23)第4344号 鋼・塗・しゅ  追加
 
2012   TPD工法開発
テコットパイル工法導入
ウルトラパイル工法導入
2014
12月 代表者:沖 章史に交代
 
2015
9月 岡山県知事許可(特-27)第4344号 更新
 
2016
9月 代表者:沖  操に交代
50tラフタークレーン導入
 
↑このページのトップへ