東洋工務店の技術東洋工務店の技術

オーガー併用圧入工法(HAS工法)オーガー併用圧入工法(HAS工法)

オーガー併用圧入工法(HAS工法)とは、硬い地面でも鋼矢板を圧入できるよう、スクリューで地面を掘削しながら鋼矢板を圧入する工法です。

  • STEP1イメージ
  • STEP2イメージ
  • STEP3イメージ
  • STEP4イメージ
  • STEP5イメージ

STEP1.鋼矢板をセットする

スクリューが内蔵されたケーシングに鋼矢板をセットする。セット完了後に抗芯まで移動する。

STEP2.鋼矢板を圧入する

スクリューのモーターを始動させ、地面をスクリューで削孔しながら鋼矢板を同時圧入する。

STEP3.指定の深さまで圧入する

指定の深さまで圧入し、高さを確認する。

STEP4.ケーシングを引き抜く

鋼矢板を地面に残したまま、ケーシングを引き抜く。

STEP5.施工完了

ケーシングを引き抜いたあとは、STEP1に戻り、この一連の作業を繰り返します。

STEP1イメージ

STEP1.鋼矢板をセットする

スクリューが内蔵されたケーシングに鋼矢板をセットする。セット完了後に抗芯まで移動する。

STEP1

STEP2イメージ

STEP1.鋼矢板を圧入する

スクリューのモーターを始動させ、地面をスクリューで削孔しながら鋼矢板を同時圧入する。

STEP1

STEP2イメージ

STEP1.指定の深さまで圧入する

指定の深さまで圧入し、高さを確認する。

STEP1

STEP2イメージ

STEP1.ケーシングを引き抜く

鋼矢板を地面に残したまま、ケーシングを引き抜く。

STEP1

STEP2イメージ

STEP1.施工完了

ケーシングを引き抜いたあとは、STEP1に戻り、この一連の作業を繰り返します。

STEP1
←
→

ダウンザホールハンマ工(ケーシング併用)ダウンザホールハンマ工(ケーシング併用)

ダウンザホールハンマ工(ケーシング併用)とは、ダウンザホールハンマで先行掘削するのと同時にケーシングを圧入し、削孔後の穴の崩壊を防ぐ工法です。

  • STEP1イメージ
  • STEP2イメージ
  • STEP3イメージ
  • STEP4イメージ
  • STEP5イメージ

STEP1.ダウンザホールハンマをセットする

ケーシング内部にダウンザホールハンマを内蔵し、削孔位置にセットする。

STEP2.掘削圧入する

ダウンザホールハンマで先行削孔するのと同時にケーシングを圧入する。

STEP3.指定の深さまで掘削する

指定の深さまで掘削し、深さを確認する。

STEP4.ダウンザホールハンマを引き抜く

ケーシングを地面に残したまま、ダウンザホールハンマを引き抜く。

STEP5.施工完了

ケーシングで削孔後の崩壊を防ぐ。

STEP1イメージ

STEP1.ダウンザホールハンマをセットする

ケーシング内部にダウンザホールハンマを内蔵し、削孔位置にセットする。

STEP2

STEP2イメージ

STEP2.掘削圧入する

ダウンザホールハンマで先行削孔するのと同時にケーシングを圧入する。

STEP3

STEP3イメージ

STEP3.指定の深さまで掘削する

指定の深さまで掘削し、深さを確認する。

STEP4

STEP4イメージ

STEP4.ダウンザホールハンマを引き抜く

ケーシングを地面に残したまま、ダウンザホールハンマを引き抜く。

STEP5

STEP5イメージ

STEP5.施工完了

ケーシングで削孔後の崩壊を防ぐ。

STEP1
←
→

オールケーシング工(ダウンザホールハンマ併用)オールケーシング工(ダウンザホールハンマ併用)

オールケーシング工(ダウンザホールハンマ併用)とは、ダウンザホールハンマで岩盤層、地中障害物を破砕後、ケーシング内部を油圧バケットで掘削しながら障害物等を撤去する工法です。

  • STEP1イメージ
  • STEP2イメージ
  • STEP3イメージ
  • STEP4イメージ
  • STEP5イメージ

STEP1.ケーシングをセットする

掘削機を設置し、ケーシングをセットします。

STEP2.掘削圧入する

ケーシングを回転圧入しながら先行削孔し、油圧バケットでケーシング内部を掘削する。

STEP3.岩盤、地中障害物を破砕する

ダウンザホールハンマの打撃により、岩盤層、地中障害物を破砕する。

STEP4.掘削撤去する

油圧バケットで破砕した地中障害物等を撤去する。

STEP5.指定の深さまで掘削する

STEP2の作業を繰り返し、指定の深さまで掘削する。

STEP1イメージ

STEP1.ケーシングをセットする

掘削機を設置し、ケーシングをセットします。

STEP2

STEP2イメージ

STEP2.掘削圧入する

ケーシングを回転圧入しながら先行削孔し、油圧バケットでケーシング内部を掘削する。

STEP3

STEP3イメージ

STEP3.岩盤、地中障害物を破砕する

岩盤、地中障害物を破砕する

STEP4

STEP4イメージ

STEP1.掘削撤去する

油圧バケットで破砕した地中障害物等を撤去する。

STEP5

STEP5イメージ

STEP1.指定の深さまで掘削する

STEP2の作業を繰り返し、指定の深さまで掘削する。

STEP1
←
→

テラ・ジェット工法テラ・ジェット工法

テラ・ジェット工法とは、パイプ、ケーブル等を先導削孔、拡孔、埋設管引込の3工程を行い、非開削にて埋設する工法です。

  • STEP1イメージ
  • STEP2イメージ
  • STEP3イメージ

STEP1.先導削孔する

受信機で位置を把握しながら方向修正を行い、先導削孔する。

STEP2.削孔軌道を拡孔する

埋設管引込前にリーマーで削孔軌道を拡げる。

STEP3. 埋設管を引込

管外径に適合したリーマーを取り付け、リーマーを回転させながら埋設管を引込、埋設します。

STEP1イメージ

STEP1.受信機で位置を把握しながら方向修正を行い、先導削孔する。

受信機で位置を把握しながら方向修正を行い、先導削孔する。

STEP1

STEP2イメージ

STEP1.削孔軌道を拡孔する

削孔軌道を拡孔する

STEP1

STEP3イメージ

STEP1.埋設管を引込

管外径に適合したリーマーを取り付け、リーマーを回転させながら埋設管を引込、埋設します。

STEP1
←
→

トップへ